ブラジルレアルの為替レートは? ブラジルレアル(BRL)でFX・ブラジル株の投資信託で資産運用

ブラジルレアルの為替レートは? ブラジルレアル(BRL)でFX・ブラジル株の投資信託で資産運用

ブラジルレアルの推移について

ブラジルと言えば、将来成長を期待されている新興国BRICsのひとつです。

しかし、現状では失業率はほぼ恒常的に10%を超えていますし、最近の経済成長率も先進諸国と比較してずば抜けて良い、と言える程でもありません。

にもかかわらず、既述の高金利も影響しているのか、ブラジルへの資金流入は継続しています。そのことは、ブラジルレアル推移が物語っています。

ただブラジルレアルも金融恐慌の影響は多大で円高の推移となってきています。

以下、リアルタイムでブラジルレアルの為替チャートが反映されるチャートを見て今後の投資判断の参考としてください。

・ブラジルレアル3カ月チャート

ブラジルレアル


・ブラジルレアル5日間チャート

ブラジルレアル


・ブラジルレアル3カ月チャート

ブラジルレアル


・ブラジルレアル1年チャート

ブラジルレアル


・ブラジルレアル2年チャート

ブラジルレアル


・ブラジルレアル5年チャート

ブラジルレアル


最近は油田の発見やバイオエタノールの研究などで世界的にも注目を浴び、2007年では1ブラジルレアル=約60円ですが、2008年後半には40円台まで落ちていますが、今後は資源価格の価格が高騰していけば、ブラジルレアルにおいても高く推移しそうな予測もあります。

ブラジル国内の経済発展も伸びがよく、輸出量の推移も良いことから、ブラジルレアルの価値が上がる材料は結構あります。

今までのブラジルレアル推移は金融危機などのリスキーな動向がありますが、他の新興国同様、国際的にも認められるような発展ぶりに伴いブラジルレアルも上がっています。

ただし、急騰、急落の推移は避けられそうもありません。というのも、アメリカなどに依存度の多いブラジルにおいて自国ではどうしようもないハプニングに巻き込まれた場合、ブラジルレアルの動向も押さえきれないというエマージング特有の特色があります。

これからブラジルレアルに投資をお考えの方は、推移を見極めが大切かもしれません。

ブラジルレアルの為替相場

為替相場で見るブラジルレアルですが、2007年は1ブラジルレアル=約60円です。

しかしながら2008年後半には金融恐慌の流れをうけて1レアル40円台となっています。

ここ2年のレアルの推移をリアルタイムで見れるチャートをこちらに掲載しておきます。

・ブラジルレアル3カ月チャート

ブラジルレアル


・ブラジルレアル5日間チャート

ブラジルレアル


・ブラジルレアル3カ月チャート

ブラジルレアル


・ブラジルレアル1年チャート

ブラジルレアル


・ブラジルレアル2年チャート

ブラジルレアル


・ブラジルレアル5年チャート

ブラジルレアル


米国為替に大きい影響を受けるレアルですので、ブラジルだけの動向ではなく、ドルの動きには敏感に反応する必要があります。

円とブラジルレアルの取引がされていません。株もFXもない状態ですから、レアルに投資となると投資信託か米国を通じてのADRとなります。

株価の方の順調に上がってきているブラジルレアルを横目で見つめているしかないですが、将来日本とブラジルレアル為替相場を予測するのも良いでしょう。

最近油田が発見されたブラジル、世界的な原油高が続いていますので、投資対象としてブラジルリアル為替相場は価値のあるものとなるのは間違いないでしょう。

原油高といえば、バイオエタノールの研究開発ではブラジルは高い技術と広大な土地はバイオエタノールの原料の作付け面積が広がりつつあります。

ここにも今後のブラジルレアル為替を占う要素がありそうです。

ブラジルレアルレートはどう?

ブラジルレアル対円の為替レートですが。2001年から2007年のものは見事なすり鉢状態です。

2003年1月につけた30円前半、現在の半分の為替レートの推移でした。

ブラジルの経済は、通貨危機より見事に立ち直りました。
ブラジルが得意としている輸出業の伸びは順調で、地下資源、農業などでも大国です。

それに伴い、ブラジルレアルの為替レートも上がっていくのがわかります。

BRICsの一員として、他の国同様に為替の世界でも、話題に上ってきました。

世界的なエマージングブームもそろそろこのブラジルレアルの為替レートに目をつけきていると同時に、インフレ抑制によるブラジル国内においての消費市場の開花にも拍車がかかります。

日本国内において、ブラジル株取引は成立しませんが、確実に伸びているレアル為替レートをチェックしていくと、ブラジルレアル市場開放もそう遠くはないかもしれません。

現在は、1レアル=60円の推移です。日本で可能な投資は、ADRと投資信託となっています。

ブラジルレアル相場について

1999年8月に通貨危機が起こり、ブラジルレアル相場は一時80%もの大暴落に見舞われました。

IMF(国際通貨基金)の金融支援を受けて、何とかデフォルト(債務不履行)を避けることが出来ました。その後、IMFの支援条件である「財政赤字の削減」を達成すべく努力し、経済成長による貿易黒字の拡大などもあって、2005年度よりIMFの支援を打ち切りました。

そのため2005年までは、ブラジルレアル相場は非常に激しい値動きを示していましたが、今後はブラジルレアル相場も安定し、もう少し値動きが小幅になっていくと思われます。

但し、これでブラジルレアル相場が完全に安定化するとも言い切れません。

ブラジル経済はまだまだ不安材料も沢山抱えています。

また、アメリカの政策金利(公定歩合)の動向にも大きな影響を受けます。

ブラジルレアル相場は、アメリカの動向次第でどうにでも転んでしまう脆弱さを含んでいるのです。