ブラジル通貨の詳細について ブラジルレアル(BRL)でFX・ブラジル株の投資信託で資産運用

ブラジル通貨の詳細について ブラジルレアル(BRL)でFX・ブラジル株の投資信託で資産運用

ブラジルの通貨レアルについて

1994年レアル計画と呼ばれる経済政策が実施されるまでのブラジルは数十年にわたってインフレの大きな波に経済が曝されてきたのでした。

その端的な例がブラジル通貨のデノミです。

1986年2月から94年6月末までの8年4か月の間に4回のデノミが行われ、なんと2兆7500億分の一にブラジル通貨を切り下げたのです。

インフレがもっとも激しかった時期には、月間80パーセントを超えるハイパーインフレでした。レアル計画になってハイパーインフレは終息したとは言え、現在でも年間7〜8%のインフレが続いています。

資源国でもあるブラジルには、これからの可能性をたくさん秘めています。レアルの通貨が為替相場に出てくる機会も増えてきて、インフレながらも実質成長率は高まりつつあります。

BRICsの他の国がそうであったように、FXや株市場にもレアルという通貨の名前が聞こえるようになるのは当然なのことと言えます。

まだ、ブラジル通貨レアルの外貨商品は少ないですが、今後に期待したいところです。

ブラジルレアルって何?

現在のブラジルの通貨単位は、レアル(REAL)は、通貨記号は「BRL」を使用します。
補助通貨単位としてセンターボ(CENTABO)があり、1レアルは100センターボに相当します。

1990年から1994年9月までは、対米ドルと独立して変動していて、レアルは1994年のレアルプラン以降ブラジルの通貨となり、インフレ抑制の一因とされています。

ブラジルの通貨レアルは、1994年10月から1999年1月までは管理フロートで、1999年1月18日から完全にフロート(変動相場制)となりました。

1999年始めに世界的な経済危機の余波か巻き添えなのか100%近く対米ドルレートが上昇しますが、1999年4月初旬、1US$=1.70R$前後で安定してるようにみえます。

ブラジルレアルは全てブラジル中央銀行(Banco Central do Brasil)によって発行されています。1レアル=60円(2007年11月現在)。

ブラジルレアルの略称は「R$」「BRL」であるが、個人商店やスーパーマーケットの商品の値札では省略して単純に「$」と表記する事もある。